ISO関連コンサルティング事業 経験・ノウハウ・現場力 経営理念・会社概要
CSRコンサルティング事業 豊富な実績および書籍紹介 沿革
ISO・CSR人材育成事業 広範なアライアンスによる総合力 EQMLの姿勢
'2017.8.31 ウェブサイトリニューアル
1.上記の事業に関する弊社EQMLの「経営革新計画に係る承認申請書」が東京都知事石原慎太郎により承認されました(18産労商支第739号 平成19年2月27日付)。本計画に基づき、皆様方の企業構造改革、社会構造変革に向けて一歩ずつ活動を推進していきたいと思いますので、よろしくご支援、ご鞭撻をお願い申し上げます。



2.おもてなし規格認証(経産省創設)審査、本格的開催、拡大中!
 経産省創設「おもてなし規格認証」認証機関 日本CSR協会は、業界の特質を捉えた価値を見出す審査をCSRの一環として、コンソーシアム幹事(株)イー・キュー・マネジメント技研と連携し、推進します。(2017.8.31)

【経産省創設「おもてなし規格認証」の活かす視点とは】
1)コトづくりから新たなおもてなしの創作へ
お客様と従業員間のコミュニケーションに関する取組は、サービスのコトづくりから、お客様が感動・共鳴するおもてなしを行うことで、訪問客の維持・増加が図れます。
2)サービス業務の効率化へ
おもてなし規格認証の基幹プロセスを示す設問の7分類のPDCAサイクル及び30設問毎の取組(プロセス)のPDCAサイクルを回すことでサービス業務の不十分な箇所が抽出され、その改善を行うことで、業務効率向上(コストダウン)が図れます。

3.おもてなし規格認証(経産省創設)/CSR研修スケジュールの題名で、ISO・CSR人材育成事業の【各種人材育成セミナーの日程】(2017年9月〜2018年3月)を更新しました。(2017.8.31)


注目!【おもてなし規格認証(経産省創設)を活かす視点コース】

4. 自治体総合フェア2017(主催:日本経営協会、場所:東京ビッグサイト)が、5月24日〜26日に開催され、弊社グループ「(一社)日本CSR協会と弊社イー・キュー・マネジメント技研」で出展(ブースNo.L-29)します。
テーマ:@自治体も民間も経産省創設「おもてなし規格認証」の推進
A国際規格「ISO26000」を活用し自治体の社会的責任GSRを部門別(市民協働事業、福祉事業、環境事業など)の展開方法を紹介
BGSR視点で地域課題を抽出する「地域課題抽出・改善・政策提言WG」並びに「地域のモノ(自然・神社・文化・人材・IoT等)を活用したコトづくりによる循環ビジネスの創出体系を紹介。
更に、5月25日(木)14.00〜14.40(D会場)に下記の講演を行いますので、申込みをお願いします。
講演テーマ「自治体の社会的責任(GSR)の推進」 「地域課題抽出・改善・政策提言WG」及び「経産省創設のおもてなし規格認証制度(CSR配慮)」活用による「地方創生」「1億総活躍社会」の実現に向けて (2017.5.8)



▼詳細・申込はこちらから → http://www.noma.or.jp/lgf/2017/

5.経産省創設「おもてなし規格認証制度の金認証☆/紺認証☆☆」推進に向け、弊社グループの認証機関「一般社団法人 日本CSR協会」が、2月に実施した金認証/紺認証のパイロット認証審査実績を踏まえ、本格的に審査を開始しました(4月に滋賀県の3つのホテルの金認証☆取得の審査を実施。5月、6月にもあり)。 登録の際に、日本CSR協会を指定されたサービス事業者様からの依頼をお待ちしています。(2017.5.8)

6. ISO
CSR・おもてなし人材育成事業の【各種人材育成セミナーの日程】(20173月〜20179)を追加しました。今回は、おもてなしコースを追加。(2017.2.28)

7.大阪で2月27日「おもてなし規格認証」説明会&シンポジウムをNPO法人スマート観光推進機構と支援機関「()イー・キュー・マネジメント技研」主催で開催した。近畿経済産業局からも主要説明、支援機関「()イー・キュー・マネジメント技研」が、「おもてなし規格認証製度のすすめ方」を説明し、最後にゲストとして大阪の観光カリズマの方が「お店はお客様のために」を講演した。(50名の参加があり、関西へのおもてなし規格認証制度の拡大が期待される。(2017.2.28

8.インバウンドビジネス総合展(2017.2.13:東京ビッグサイト、日本経済新聞社主催)に、経産省創設「おもてなし規格認証制度」を展示及び講演「おもてなし規格認証製度のすすめ方」を行った。200社以上の訪問客があり、有効性を把握した。中部経済新聞社のインタビューがあり、2月20日に関連記事が首都圏発として掲載された。(2017.2.28

9.経産省創設「おもてなし規格認証制度」の登録、認証開始(2017.2.28)     おもてなし規格認証制度は1月30日より、「金認証」「紺認証☆☆」「紫認証☆☆☆:検討中」が開始されました。 弊社グループは、コンソ−シアムとして認証機関として「一般社団法人 日本CSR協会」 及び経産省採択の支援機関(認証支援事業者)として、()イー・キュー・マネジメント技研が、指定されました。                         

 おもてなし規格認証制度の概要及び登録・認証支援依頼シートは、下記をクリックすると見られます。
おもてなし規格認証制度マーク

10.おもてなし規格認証制度支援のために、コンソーシアム「認証機関:一般社団法人日本CSR協会、認証支援事業者:()イー・キュー・マネジメント技研(幹事)、エイジスリサーチ()、大阪のNPO法人観光推進機構などの協業企業・団体」を設立しました。(2017.2.28)

11. ISOCSR人材育成事業の【各種人材育成セミナーの日程】(20169月〜20173)を追加しました。(2016.8.31)


12.自治体総合フェア2016(主催:日本経営協会、場所:東京ビッグサイト)が、5月18日〜20日に開催され、「(一社)日本CSR協会と弊社イー・キュー・マネジメント技研」で出展(ブースNo.L-42)します。更に、5月19日(木)14.00〜14.45に下記の講演を行いますので、申込みをお願いします。                                        

講演テーマ「自治体の社会的責任(GSR)の推進」及び「地域課題抽出・改善・政策提言WG」活用による「地方創生」「1億総活躍社会」の実現に向けて                

▼詳細・申込はこちらから → http://www.noma.or.jp/lgf/2016/index.html

13.TOKYO MX(9CH)テレビの「企業魂」(毎週木の20.25〜20.55)で当社イー・キュー・マネジメント技研が放映されました。本HPの「企業魂」をログインすると見られます。(2016.3.28)

14. ISO・CSR人材育成事業の【各種人材育成セミナーの日程】(2016年3月〜2016年9月)を追加しました。
今回は、「地方創生」及び「1億総活躍社会」の具現化のための下記コースを新設しましたので、ご参加をお待ちしています。(2016.2.28)

DCSR視点の地域課題抽出ワークショップコース(NEW):
<対象>・地方自治体の地域課題対応者 ・企業のCSR推進者 ・関連団体及びNPOの地域課題対応者

E自治体向けGSR導入コース(NEW):
<対象>・自治体の社会的責任推進リーダー及び推進者


15. 沿革及び前田ブログを更新。(2016.1.8)

16.「食品安全緊急提言」並びに「食品安全規格への社会的責任規格統合セミナー」開催

日時:10月26日(月)13.30〜17.00
場所:ホテルグランドヒル市ヶ谷 西館 3Fペガサス
主催:日本CSR協会(EQML主管)
【セミナープログラム】
●「増加する食に関する消費者問題と企業の社会的責任取組みへの期待」サステナビリティ消費者会議(CCFS)代表 古谷由紀子
●「食品安全規格へのISO26000統合/企業の取込方」日本CSR協会 代表/幹ー・キュー・マネジメント技研代表取締役社長 前田 浩(2015.9.23)        

申込み方法などの詳細はPDFファイルをご覧ください

17.新価値創造店2015(第11回中小企業総合展 東京)(主催:独立行政法人 中小企業基盤整備機構)が、11月18日〜20日に東京ビッグサイトで開催されます。当社提出提案書を委員会で審査され、出展の受諾を得ました。出展内容は次の通りです。
(1)地域課題抽出・改善・政策提言システム(ISO26000中核主題基軸型)
(2)自治体向の社会的責任GSRシステム(ISO26000対応)
(3)企業の社会的責任CSRシステム(ISO26000対応):安全・安心な食品を提供するために、食品安全MS規格にCSRフレームワークを融合する仕組み(2015.8.31)

弊社の出展の小間番号は「K−067」です。ご来場をお待ちしております。
詳細情報入手及び事前来場登録は、下記のURLにアクセスしお願いします。(2015.9.23) 
http://shinkachi.smrj.go.jp/tokyo/


これより前のお知らせをみる

Copyright © 2007 EQML. All Rights Reserved.